個別株投資のための証券会社のおすすめはauカブコム証券

個別株投資 証券会社 auカブコム

個人投資家が個別株投資、その中でも国内株の現物株投資をする場合におすすめの証券会社は?

1番のおすすめは、auカブドットコム証券。

2番目におすすめなのは、楽天証券。

100万円を超える取引をするならスマートプラスのSTREAMも候補になる。

決め手は、主に手数料です。

目次

個別株投資のための証券会社の選び方

証券会社はたくさんある。

どうやって決めるか?

なんといっても手数料が安い証券会社にすべきです。

そうするとやはりネット証券から選ぶべきです。

他にもつみたてNISAやidecoの充実度や、アプリの使いやすさといった点もポイントであります。

しかし、本記事の対象は、個別国内株投資です。

原則として手数料で決める!それ以外は副次的考慮要素とします。

候補証券会社の比較

国内株現物株投資で手数料が安い証券会社を、「1日の取引価格が100万円以内なら手数料無料」としており、かつ、SOR注文機能を提供している会社をまず選び出しました。

SORについては、後記「SORについて」から各証券会社のウェブサイトをご覧ください。

SORを簡単に言うと、東証以外の取引所にも同時に株式売買の注文を出してより有利な価格で取引をする仕組みです。

東証にしか注文を出さないよりも有利な条件で売買が成立する可能性があります。

証券会社1日100万円以下の取引手数料SOR注文の有無
auカブコム証券0円(1日定額手数料コース)
楽天証券0円(いちにち定額コース)
SBI証券0円(アクティブプラン)
スマートプラス0円

(1) 岡三証券、GMOクリック証券、マネックス証券は候補にあがらず

現在手数料競争で最先端を走る会社は「1日の現物株取引額が100万円以下ならば手数料は無料」という手数料体系を取っています。

上記の証券会社以外に、岡三証券やGMOクリック証券も同じ手数料制度を取っています。しかし、この2社はSOR注文機能を提供していません。したがって、候補には挙げていません。

また、マネックス証券は、SOR注文機能は提供していますが、1日100万円以下の取引でも手数料は無料になりません。したがって、マネックス証券も候補には上がっていません。

(2) auカブコム証券はSORのチャンピオンである

SOR(スマート・オーダー・ルーティング)注文|商品・サービス|株のことならネット証券会社【auカブコム】 (kabu.com)

auカブコム証券ウェブサイトのSORの説明をぜひ見てください。

他社と比較してかなり力を入れて解説しています。

なんでそんな力を入れているかというと、他社よりも充実したSORにしているからであり、それを誇っているのです。

SORに関して言えば、auカブコム証券が優勝です。

取引所の接続数は楽天証券と並んで1位、そして、楽天証券も他の証券会社はどこもやっていないSOR常時最良気配判定をしているのはauカブコム証券だけなのです。

auカブコム証券から株式売買の注文を出すと、他の証券会社から注文を出すよりも有利な条件で約定できる可能性が高いと考えられます。

有利な条件で約定できるということはすなわち手数料が安くなるということです。

(3) スマートプラスのSTREAMは有利になった分の半分を取られてしまう

STREAMは、現物株売買の手数料が全て無料なのが魅力的です。

1日100万円の枠がありません。

しかし、STREAMにはデメリットがあります。

デメリットの1つ目は、SOR取引でPTS(私設取引所)に接続していないことです。auカブコム証券や楽天証券に比べると有利な条件を得られる可能性が小さくなります。

デメリットの2つ目は、スマートプラスのSOR注文は、東証かダークプールでの取引ですが、ダークプールで有利な取引で注文できた場合、有利になった分の50%がスマートプラスの手数料として取られてしまいます。

この50%手数料は、auカブコム証券や楽天証券であれば取られません(0%手数料)。

したがって、100万円以下取引でSTREAMとauカブコム証券とを比較すると、取引手数料0円はどちらも同じだが、SOR注文ではSTREAMは手数料を徴収するため、STREAMの方が不利ということになります。

auカブコム証券のデメリットー株式振替(移管)手数料

auカブコム証券のデメリットもあげておきましょう。

国内株投資をするにあたってそれほど大きなデメリットではないですが、移管手数料がかかることです。

auカブコム証券の証券口座を開き、その証券口座で株を買う。そして、その株を他社の証券口座に移す場合、手数料が取られます。

証券会社移管手数料(他の証券口座に出す場合の費用)サイト
auカブコム証券1銘柄1100円auカブコム証券にある株式を他社に移したいのですがどうすればいいですか? (kabu.com)
楽天証券0円その他の手数料・費用 | 手数料 | 楽天証券 (rakuten-sec.co.jp)
SBI証券0円他社に株式・投資信託を出庫する際に手数料はかかりますか? : SBI証券 (sbisec.co.jp)
スマートプラス1銘柄1100円株式の振替(移管)|株式会社スマートプラス – 株を変える。ゼロから変える。 (smartplus-sec.com)

auカブコム証券やSTREAMが嫌だ、と思って他社に乗り換えようとすると、1銘柄につき1100円の手数料を取られます。

10銘柄持ってたら1万1000円も手数料がかかってしまいます。

楽天証券とSBI証券はこの点は無料で偉い。

また、auカブコム証券が提供しているツール類は楽天証券に比べるとショボいです。

これはデメリットと言えるようなデメリットでもありません。無料ツールを使いたいなら他証券会社も口座を開設しておけばいいだけです。

複数の証券会社で口座開設をしてもよいー楽天証券もいいぞ

個別株投資をする際には、できる限り1つの証券会社でまとめた方がよいですが、複数の証券口座を使ってダメということはありません。

現に私はいくつかの証券口座で取引をしています。

管理が面倒になるので1証券会社にまとめるのがいい、と常々感じています。

ただ、取引をしなくても証券口座は開設できます。

口座開設は無料ですし、口座維持手数料もかかりませんので、完全無料です。

ただ、開設しておけば口座開設者の無料サービスが使えます。

楽天のスーパースクリーナー、MarkedSpeed2などはとても便利です。

本記事のおすすめ口座1位はauカブコム証券なのですが、楽天証券もとてもいいです。

  • 1日100万円以下取引は無料
  • SOR注文はauカブコム証券に次ぐレベルの高さ
  • 移管手数料は無料(しかもウェブでできてやりやすい)
  • サイトが見やすく、使いやすい
  • スーパースクリーナーや日経テレコン(無料で日経新聞も読める)等の無料サービスが充実

私はauカブコム証券が充実する前から楽天証券を使っており、auカブコム証券を始めにくい状態なので、今は楽天証券を使っています。

岡三証券やSTREAM、SBI証券、SBIネオトレード証券(旧ライブスター証券)等も使いましたが、楽天証券に落ち着くに至っています。

まとめ:1位 auカブコム証券 2位 楽天証券

本記事の選出する「国内株投資でおすすめ証券会社」の1位は、auカブコム証券です。

1位 auカブコム証券

  • 1日取引価格100万円以下なら手数料無料
  • 最高のSOR注文機能

これらの条件からすれば、取引手数料を一番安くすることが期待できる。

2位 楽天証券

  • 1日取引価格100万円以下なら手数料無料
  • auカブコム証券に次ぐハイレベルのSOR注文機能
  • その他充実したサービス

手数料ではSORの面でauカブコム証券に次いで2位ですが、その他のサービスが充実しています。

auカブコム証券と楽天証券の2つを開設しておいて、auカブコム証券をメインとし、楽天証券をサブとして使ってみるのもいいかもしれません。

*SORについて

SOR(スマート・オーダー・ルーティング Smart-Order Routing)については、各証券会社のウェブサイトの説明をご覧ください。

auカブコム証券が一番詳しくわかりやすいのでauカブコム証券のサイトがおすすめです。

SBI証券は、SOR取引で個人投資家を食い物にしていたという新聞報道が出された過去もあるのかSORについてはあまり詳しく説明していません。

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる